2016年02月07日

大同窓会なるものの案内

■大学からきた大同窓会なるものの案内、オーガナイザの経歴を見て「あっ…」ってなってそのままフェードアウトすることに決定。善意しかなくてもリア充過ぎて怖いし、悪意があるならなおさら触りたくない。というかそもそも在学中にサークルもイベントも我関せずで過ごしてきたのだから、いまさら自分を歓迎してくれる他者を期待すること自体が虫の良過ぎる話ではある。

□紆余曲折を経て入社時の部署でまた働いているわけだが、さてこの仕事が自分に適しているのかどうか、やりがいがあるのかどうか振り返ると悩みどころではあるのだが、30も半ばになるとでは別の仕事で、というのも難しくなるのがアレ。待遇自体は決して悪くないというかむしろ出来過ぎではあるので、そういう面でも転職だの異動だのというのは選択しにくい。完全に長いものに巻かれている。

■仕事の難点は出張ばっかりで家にいる時間が極端に少ないことか。ゲームについては中国行ってる間も継続してた(むしろ中国に行ってたから続いた説)艦これも切ったし、PS4も購入予定なし。スマホゲーにシフトしてでもゲームをしたいというのもなんだかなぁという気はするが…移動時間を活用できるような趣味を見つけるべきか。
posted by mizu at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

帰国しました

■ようやく研修期間が終わって帰国、元の部署に再配属(二年ぶり三度目)されました。

□手当てを含めた収入面では海外勤務に太刀打ちできない(10月から時間外労働が申請制になったのでなおさら)けども、衣食住含めて考えると日本にいたほうがやっぱりいいよねっていう。なお時間外勤務は10月度は4日だけだけど、日帰り含めた出張が3回あったので家にいない時間はまぁそれなりに長い。

■海外研修中に預かりになってそのままになってたタスクを専務から直々に完成させてねと言われたり(ビビッて10月中に完成させた)、一旦頓挫してたはずの海外子会社への業務システム導入案件が再燃してたり、自分の立ち位置によって動いてる仕事がいくつかあるなぁっていうのは面白いところではある。国内タスクとしては子会社への業務システム導入の話がメインになってるけど、正直個人的にはあんまり…。本体で使ってるシステムより明らかに低機能なものをいれていくのは(そしてそれを保守改良していくのは)二重投資だとしか思えないのだが…。

□個人的な感想はともかくとして、業務の前提がまったく違う会社に対して業務システムと業務フローの提案をしていくのはそれはそれで面白いと感じている。直近の何件かをきちんとこなしてみて、楽しいと思えるならそのまま継続すればいいし、そうでないなら転属願いを出せばいいし…と考えている。10年の勤務のうち、4年近くは別部署での勤務をしてるわけだから、まぁ他の部署に出て行ってもいいんじゃね?という気持ちにはなっているのよね。

■外に出て戻ってくると、業務システムに対してどこまで投資するのか、投資した結果がどんな形で出てくるのか(現場担当者の心象含めて)という部分は、やっぱり利益追求観点から見たコスパはよくないよなーと思ってしまう。現場の残業の殆どは客先事由によるものだし、業務手順の簡略化による多能工化とワークシェアを求めるにはユーザ対応の重要性が大きくてちょっと難しいなぁ、と思う。元々事務所スタッフの数を絞っている体制だから、業務システムによる効率化は効果が出にくいのだろうし。

□一方で自部門の存在意義確保のために色々な機能修正や新規機能追加を実施して、その費用対効果を問わずに予算を消化しているのを見ると、生きるために走り続けなければならない回遊魚的な体質が見えてしまって、自分が今後もこの部門で仕事をし続けられるのか?という点で不安を覚える。正直なところ、早めに脱出しておいたほうがと思わないでもないのである。

■とはいえ脱出先での待遇を考えると手土産としての実績は必要なわけで、当面はその実績作りに専念しましょう…、というのが正解かな。職場の雰囲気は嫌いでないし、自分が肥るための仕事をしっかりしていきたいところ。
posted by mizu at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

規則正しい生活

■一ヶ月半ぶり三度目の帰国を果たしたわけだが、生活習慣というのは急には変えられないらしい。一人寝る夜のなんとやらと嘆いていたかと思えば、布団をシェアしての睡眠では寝つけなかったり…。

□そろそろ就職10年目にはいろうかという状況で、さて同級生たちはどうしているのか、と動向が気にならないかといえば気になるのだが、それが果たして純粋な興味であるのか、それとも(劣位の)比較対象を得たいという欲求からなのかが判別できない。自分という人間が他者に対して持つ興味には多分にそういう要素が含まれてしまうから品性下劣だというのだ。よって人と交流しないことで高潔であろうとするのである。

■留学先の大学の休暇中に四川に旅行に行って、本場の麻婆豆腐を食べてパンダを見た。春学期が始まってからも授業を数日サボって親と妹と台湾に旅行に行った。こういう中国語が実用の道具として利用できる状況を経てなお、言われているから勉強しているという動機の域を出ないのにもかかわらず、「もう一度学生として生活できてよかった」「自分は学ぶことが好きなのだと感じた」と臆面もなく表現できてしまえる厚かましさを、対人関係へ振り分けられればよかったのにと思う。学生の時分に異性と交流が持てなかった事を後悔しながら、いざもう一度学生の立場になった時に、異性どころか同性の同学者とも碌に交流が持てない自分を認識して、夢はやはり夢でしかなかったと思うのは、成長というべきか、それとも鈍化というべきか。

□ロシア人の留学生が「日本の作家ではミシマが好きなんだ。『金閣寺』を読んだことがある」と言うのに対して、「ドストエフスキーとトルストイの名前だけ知っている」と返答するしかない怠惰さをどう処理したらよいのか。就職してから自社の中では勤勉であったと自負しているにも関わらず、会社という枠を外して自身の生活を振り返れば、根本的な部分で怠惰であったと認めざるを得ない。まして現状の生活の中で、妻帯者であったり子持ちであったりすることを怠惰である口実に利用していないと胸を張って言えるのだろうか。

■もう一度怠惰であることと勤勉であることとを考え直さなければいけない。立脚できる立場を構築することは勤勉であっても、構築した後にそれに依存するのは怠惰である。自己の評価のみで進歩を認め、他者からの評価を省みないのは怠惰であるが、他者の観点に依存して自分自身を見つめないのは勤勉とは言えない。勤勉であろうとすれば、自己を常に変えていかなければいけない。しかし、安息とは変化の否定ではないのか。だとすれば、安息のために勤勉であるということの矛盾を、どのように捉えていけばよいのか。

□「現実は理想のようには行かない」という表現で、自分が望む姿をごまかしていないか。「清濁併せ呑む」ことは、理想と現実を分別しないことなのか。もう一歩進みたい。一度分かったつもりになった現実の中を、もう一度理解しなおすための一歩を。
posted by mizu at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

生存報告

■ちゃんと生きてます。

□去年の七月に転勤で大阪に戻ってきたはずなんだけど、今年の九月から中国にいくらしいですわ…。何か社内の海外研修制度に(別に希望してないんだけど)選抜されたらしく。なんつーか、間の悪い…

■最近はもっぱらガンオン、今日はついに金グフカス引けたので満足。ACVは大体アセン固まって、所属チームも解散しちゃったので時々フリーやるぐらい。まぁこんなもんかなー。

□中二はストストアラキデオックス、ベオダズボアニマスヨラスのWサブコン、FCSは250。軽2はアラキデアラキデUSGランポの片アンプ。まともに使える気がするのはこの二つぐらいかねー。
posted by mizu at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

生存報告

■生きてます。

□また府民になりました。

■まだACVやってます。
posted by mizu at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

帰郷

■11/1に父方の祖母が亡くなったので帰郷。11/6に通夜、11/7に葬儀。家族と坊主のドライバー役に徹する。

□祖父が亡くなったのが自分が2歳ぐらいの時(うっすらとした記憶/火葬場の煙突を見上げている)で、晩年の四年間は痴呆を患って社会的入院。皮膚癌も患っていたそうなので、おそらく直接の死因はそちら。元気な時分は孫の世話をよくしてくれていた。ただ孫はあんまり懐かなかった模様。これは親/祖母の関係によるものかなーと感じる。自分は親族との縁が薄い性質だと思っているので、その辺に後悔があるわけではないが、嫁は逆に親族親戚親類含めてべったりな文化で育ったようなので、数度しか会ったことのない祖母に対して「私はお祖母ちゃんの話を聞くの嫌いじゃなかったよ」とのコメント。

■91歳だったので、周囲もそれほど惜しむという感じではなかった。何事もさっぱりしているうちの親(特に母親)は「何だか気が抜けちゃった」と言いつつも平常運転だった印象。自分としても大学以降実家を離れたせいもあって、(酷い話だが)割と人事であった。

□さて、自分の親の時にはどうなるのかな…。
posted by mizu at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

黙秘しようと書いておいてなんだが

■とりあえず嫁は読まないように(韻を踏んでいるわけではありません)。続きを読む
posted by mizu at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過去からの問いに回答してみる

■10年は経ってないんだけども、過去からの問い(http://theninetail.seesaa.net/article/3733040.html)について。

 人間の機能の中でもっとも便利な機能のうち一つが『慣れる』ことだと思う。よーするに最初は違和感があってもその状況であり続けるうちに気にならなくなる、問題自体が解消されていなくても、問題自体を問題と感じなくなる機能。上記の問い(「歳を取るにしたがって社会的責任を引き受けることを要求され、また一人の社会人としての能力を高めていくことも要求されるという状況にありながら、退行的な自己イメージに憧れを抱き続けている状況をどう切り抜けたらいいのだろうか。」)については、乱暴に要約すれば『5年も経ったらそんな繊細な問題は問題とも思いませんわ』で、もう少し詳細に述べれば、『5年以上同一の文脈で語ることができる状態(組織)に属している中で、自分自身が自分を規定する以上に、周囲が自分を規定することが多くなることによって、「自分自身が規定したい自分」と「周囲が規定する自分」のずれについて(特に容姿などの外面的な部分については)葛藤を感じる状況自体が稀になってきている』ということか。成長することを期待されている自分と、成長することを期待されることに応える自分と、成長したくない自分を都合よく分離できている(分離することに慣れた)という。

 次に代償行為の存在。まず第一の代償行為は(こう書くと色々と憶測や批判を呼びそうだが)チビ助一号と二号の存在。『幼くあること』を地でいってる二匹を相手にしていると、自分がそうでありたいという欲求は大分紛らわされるよーな気がする。また、元々の退行願望自体が、「無条件で愛されること」を目指しているので、自分がチビを無条件で愛すること、またチビが自分を無条件で愛することを通して、この部分は解消されている。子供ができると変わるってのは確かにそのとおりだと思う次第。
 代償行為その2は今のところゴルフだろうなぁ、と。仕事と(ある程度)分離した部分で、自分自身が自分に対してどのような理想を欲求し、それに応えることができるか、という構造でみれば、まさにかつての葛藤を代償的に消化していることになる。努力によって報われる方向で解決したということだな。

 んで、何で唐突にこんな記事を書こうと思ったか、という部分については黙秘しておくのがいい気がして書くのを止めた、としておく。
posted by mizu at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

自己催眠すげー

■九月に入って会社の休憩時間が元に戻った(夏場は節電の絡みで一時間後倒しだった)のもあって、昼食後、昼ミーティング開始までに20分ほど休憩が取れるようになった。もともとお昼寝時間だったので、じゃー自立訓練法を使ってリフレッシュしてみましょうか、と。

□現状の自立訓練法(まぁ指導を受けたことはないので我流だが)は、基本公式を三回ずつ復唱する形式をとっている。罹り方としてはたぶん一回でも十分な気はする。
 就寝時に使ってみた感触として、大分スコンと眠りに落ちられるなー、というイメージはあったわけだが、今日使ってみたら、意識が飛んだ後に入室してきた人がいるにもかかわらず、ミーティング開始のチャイムが鳴るまで完全に意識が落ちたままだった。眠りが浅い方なので、普通に寝てると誰かが部屋に入ってきたりすれば目を覚ますのだが(おかげで電車通勤の時は駅を乗り過ごすことはなかったわけだが)、今回は完全に熟睡。今度は時間感覚暗示も入れてみよう。
posted by mizu at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

白浜へ旅行

■盆休みはさすがにこのご時勢、東京へ行く気になれなかったわけだが、一週遅れで自分の両親と白浜へ二泊三日の旅行に。

□爺婆と孫がキャッキャウフフしていたのでよし。

■一日目は移動とホテル近辺の名勝(海中展望台、千畳敷)、二日目にアドベンチャーワールドと三段壁、三日目にポルトヨーロッパ、黒潮市場のコース。アドベンチャーワールドはよかったな。大人でも楽しめるのと、一日回っても飽きない。残念ながら孫の体力の関係で、開園から午後二時ぐらいまでしか滞在できなかったけども。

□今回は嫁が頑張って仕切っていたのでよしよしなでなでの刑に処す。
posted by mizu at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

うわぁ

■過去の映画レビュー(SILENT HILL)を読み直して、うわぁ、という声が出た(評価する意味で)。

□大学生活というのは高等遊民モドキというか、人間余暇と余裕と暇がないとああいう実生活から乖離したテーマについての文章は書けなくなるんだなぁ、と実感した。
posted by mizu at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

■和歌山はまったくといっていいほど揺れなかったのでのほほんとしてたわけだが…

□原発に関してもひとまずの終息宣言が出たのでこれ以上の状態の悪化はないと思うが、うちの仙台工場は当分操業できないんじゃないかね…。従業員が無事であることを祈るばかり。

■しかし大分揺れた地域に主力級の工場を含めて5工場もあるってのは、週明けの対応がどうなるか恐ろしいわ…。転勤前の部署はてんやわんやだろうなぁ。
posted by mizu at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

大掃除開始

■息子がRSウイルスに感染して気管支炎を発症したため、今日から入院。嫁はその付き添い、娘と一緒に病院泊。

□夕食を渡しに病院へ行き、帰宅してから台所の片付け開始。嫁から「悪いけどシンクに放置した生ゴミと食器を片付けといて」と電話があるまでに

・日曜日の昼食(以降の食事)で使用されたままの食器の洗浄
・天板がまったく見えないほど物の置かれたまま数ヶ月が経過しているテーブルの掃除
・猛暑でビールが美味しかったころの空き缶とリサイクル可能な状態に洗浄、解体された牛乳パック、ペットボトルが混入された資源ゴミ袋の仕分け作業(残念ながら自分はエコ・ロジーではなくエコ・ノミーな人間なので可燃ゴミと不燃ゴミのみに分別:-p)

等々を夕飯も食べずに完了し、ゴミ袋にして4袋を排出可能な状態にしておりました。

■これは自分のストレス解消のために行った『作業』ですので、専業主婦の『仕事』を手伝った、などとおこがましい主張をするつもりはございません:-)

□これぐらいジャブを打っておけば明日荷物を届けたときにはにっこり笑顔で『ありがとう』と言ってもらえるでしょう…。

■泊り込みで自分の体調まで崩さないように。
posted by mizu at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

近況

■和歌山に転勤して3ヶ月経過。
 飲酒量が増えた。
 打ちっぱなしに行く回数が増えた。
 娘が「あのねあのね」を発語に使用するようになった。
 息子が寝返りするようになった。
 嫁の体型は変わらない。

□仕事は一種のパズルを解いてるようなものなので(ゲームと割り切るのは現場作業者という要素が強く影響するので難しいのだが)、作業そのものは厭ではない。が、何かこう、もやもやするんだよな…それが飲酒量の増加に反映されてる気がする。

■無理矢理言語化すると、毎日同じ作業を同じ場所から繰り返すのが嫌だとかそういうことになるのかね…賽の河原というか。自分の成長を自分で評価する仕組みを作らないとどんな仕事をしてても同じことだとは思うのだけども。
posted by mizu at 00:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

領海侵犯に対して渋谷でデモ

http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/10/02/japan.anti.china.protest/index.html

当然ながら『尖閣諸島問題』とは表現しない。

□食べ物以外のことで日本人が激怒するって相当ですぞ。
posted by mizu at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

あーあーあ

■仕事の締めがなかなか決まらずに拘束されている時に件の船長釈放のニュースを見た。

□まったくもって意味がわからん…理屈も通らない上に実利もない決断を誰が下したんだ?
posted by mizu at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

スコア記録

■ゴルフを始めて一年半近く経ったわけだが、この前のラウンドは110で回ってきた。

□ベストスコアを大幅に(-18)更新したわけだが、要因はドライバーの導入、スイングの変更かな。
http://www.goldonegolfschool.com.au/blog/
ここを参照してアイアンとウッドを基本共通のスイングに変更してみた。

■今後はアイアンの精度向上(落としたいところに落とす)、ドライバーのコントロール(方向、フェード、ドローの打ち分け)をメインに練習していきたいところ。
posted by mizu at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

言行録(9/13)

■二日間お通じのなかった娘は昼間に二回おまるを使ったらしい。

( -ω-)<………(ぶー)

(;'A`)<くさっ!

( ゚ω゚)<おなか すっきり!
posted by mizu at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

言行録(9/6)

■夜、嫁に晩飯を用意してもらって晩酌しながら。

( 'A`)<…(日本酒で晩酌中)

( ゚ω゚)<ぱぱー

( 'A`)<んー? ママにお疲れさま、ママ大好きって言ってきな

( ゚ω゚)<…

( ゚ω゚)<ぱぱ、だいすき!(にへら)

(*'A`)<(嫁に)だめだもうしぬ

( ゚ω゚)<いきてよ!

□本格的に死んだ。
posted by mizu at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

言行録(8/26)

■週末にauショップに行ってデジタルフォトフレームを買うとか何とか嫁が要求していたところに娘が乱入。

( ´ω`)<たぶんポイントで買えるから

( ゚ω゚)<ぽいんよ? ぽいんよ?!

( ´ω`)<ポイントっていうのはね…特別なもの! 貯まっていくんだよ!

( ゚ω゚)<………

( ゚ω゚)<そーかぁー!

□いやお前絶対わかってねーだろ…
posted by mizu at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。