2014年01月15日

りゃう氏上海へ来る

■1/11-13でりゃうが上海に旅行に来たので買い物のお供をする。曰く、風水的にアメジストのドームが欲しいんだとか。朝ホテルのロビーで合流後、南翔饅頭店で朝食、豫園を観光してから豫園商城で買い物の流れ。前に来た時にはあまり意識しなかったけど、豫園周辺には結構水晶を扱っている店が多く、あちこち見ながら良いものがあるかどうか物色してもらう。最終的には蔵宝楼という小さなお店がたくさん入っている建物の中で、元値2500元だったものを1800元に値切って購入となった。なお値切り担当は自分だった模様。相場が300元/kgらしいので、まぁまぁいい買い物だったようだ。

□同じく豫園商城付近で買った軍用品リュックに購入したアメジストドームを詰め、一旦ホテルに置いてから、ホテル付近の中国式ファストフードで昼食を摂る。その後南京東路の桃源郷でフットマッサージ初体験。これクッソ気持ちいいわ…。日ごろ風呂に入っても足が暖まらない(シャワーのみだから)のが悩みだったところにクリティカルですわ。60分のオイルマッサージコースで140元。施術担当の女性と40分以上中国語で世間話ができたことも収穫であった。

■軽くなった足で浦東側へ。観光トンネルを通って東方明珠塔へ向かう。観光トンネル(50元)はなんかアトラクションっぽいんだけど、どんな表情をしていいか分からなくなる効果が強くて困った。東方明珠塔は一番上まで登ると220元。生憎快晴でもなくPM2.5ってたので見晴らしはほぼゼロ。こちらも中にアトラクション的なものが結構あったけども、どこか徹し切れていないというかカオスを感じる構成で、ある意味中国らしさを強く感じることができる場所だった。

□夕飯は成隆行蟹王府へ。以前上海出張中の同僚(先輩)と一緒に来たことがあるので二回目。前回と同じくコースメニュー(一人400元)を頼む。以前に比べて一品増えてたような気がしたけど気のせいかしら。今回は個室を予約できたので、二回の二人部屋でのんびりと食事をする。
 食事の後、南京東路を通ってホテルへ移動。途中、日本人目当ての客引きがちんちんまっさーじちんちんまっさーじと非常にうるさい。スルーしてから5m歩かないうちに再度別なのとエンカウントした時には二人で爆笑してしまった。一人ずつ歩いてエンカウントした回数を競争する「誰が一番日本人に見えないか」ゲームが開催できるレベル。

■ホテルの最上階にあるバーで二次会。やはり気心の知れた相手と話をするのはいいものだ。バンドの生演奏もうるさ過ぎず、雰囲気のいいところだった。
posted by mizu at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385256401

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。