2013年10月18日

近況(10月前半)

■近況扱いで記事が書けるぐらいには落ち着いてきたということで。

・同クラスのフランス人華僑(18歳男性)と仲良くなって良く話す。彼は両親が中国人なので、会話能力はかなり高いと思う。ネイティブと同様か?と言われると、判断する側の能力が足りないのでちょっと…。

・授業は別に難しくない。ヒアリングは予習、スピーキングは意欲でカバーできるレベル(話した内容にのみ添削が入るので、発音とかはあんまり…)。文章は難しくない。日本でやった基礎を抑えられていれば読解に困難を感じないレベル。

・読解の授業は単語、用法解説、本文解説、演習問題の4回1レッスン分の速度で進む。速読は精読と同分量の文章を一回に三つ読むので、復習量でいうと速読の方が上回っている。単語の難度を含めて、現状で一番難しい文章を読まされているのは速読だと思うし、現状より高い水準を要求されているのも速読だけだと思う。

・クリスマス休暇があるので一時帰国に充てる予定。ただ、航空券の手配を会社負担にするか、自己負担にするかはそれ以降の帰国予定を踏まえて考える必要があるのと、一月に入ってからのチケットは現状でまだ値段の確認もできないので、最終的な決定は保留扱い。

・現地にある関連会社の出向者と飲み会をした際に感じたこと。食べきれねーだろって量の料理を一気に頼まれるのが不愉快。食べ飲み放題であること、中国と日本の飲食習慣の違いを踏まえても、自分はこれを「不愉快」と感じ続けるべきだと思うので、今後もそう思うことにする。そもそも20代がいない飲み会で料理がどれだけ必要とされるかよく考えろと(

・↑の飲み会後、二次会を終えてタクシーで帰宅。タクシーの運ちゃんとまぁまぁ中国語で意思疎通できるぐらいにはなっている模様。
「しゃんはいのふゆはさむいんですか」『寒いよ、北京より気温は高いけど、刺される感じの寒さだ』
「しゅんせつのときにはみんなじっかにかえるんですか」『外の人は帰るけど、地元が上海の人は旅行に行く人もいるね』
「どこにいくのがにんきがありますか」『タイ、韓国、日本、シンガポールかな』
「いんどねしあは?」『海南に行くのとあんまり変わらないから少ないね』

海南島は冬でも泳げるらしい。春節の時はそっちに行く算段をするかな…。

□今日は海外キャッシングができるかどうか試してみたら、やり方が悪いのかはねられてしまったので再確認が必要。もしできないとなるとロスを我慢して送金してもらわないといけなくなるが…。
posted by mizu at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377817378

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。