2013年09月15日

去苏州旅行

■15日に大学の友人(残念ながら同じ留学生の日本人)と蘇州へ日帰り観光に行ってきた。朝8時にタクシーに乗って上海駅まで移動。その後高鉄の切符を買おうとしていると、何やらおばちゃんが声をかけてくる…手数料を取る代わりに、自動券売機で買ってあげるよ、ということらしい。自動券売機で高鉄の切符を買うためには身分証を読み取らせる必要があるのだが、残念ながらパスポートには対応していない。おまけに自分は現在居留手続きのためにパスポート自体を持っていない:p。有人窓口は駅構内への入り口から結構離れており、後で念のため確認したところ結構な混み方をしていたので、手数料の各人10元を支払って代理購入してもらった。

□高鉄に乗って30分ほどで蘇州駅へ到着。駅前からタクシーで最初の目的地へ移動しようとしたが、正規のタクシーだと思って話をつけたおっちゃんが白タクで相場の3倍近く(40元)の料金になってしまった。うーむ。最初の目的地は拙政院。世界遺産であるらしく、中国人の観光客も非常に大勢訪れていた。結果、ちょっと混雑しすぎていたのと、庭園各所に配されている太湖の奇岩によじ登って写真撮影をしている人が大勢いたため、情緒や風情を味わうという感じではなく、ちょっとイマイチ感を感じる出だしとなってしまった(庭園自体は一度見る価値はあると思う)。

■続いて文化保護区に指定されているらしく、昔の建物の外観をそのまま残した商店などが立ち並ぶ川沿いの道を歩きながら南下、途中にあった茶店で緑茶を飲む。35元。高い。まぁ観光地価格なのと体験することが重要なので文句はない。そのまま繁華街へ移動、朱红兴面馆で昼食、30元の三宝面を注文。麺が細麺なのが特徴、スープはあっさり、塩味もそんなに強くない。具として鶏肉?が三種類ついてきた。ボリューム的には文句はないが、後半麺が若干伸び気味に感じてしまった。

□昼食後、徒歩でそのまま北上、途中にあった玄妙观と周辺の商店を見物しつつ(「ロレックスあるよー、ほんものにちかいよー」という表現に笑いを禁じ得ない)、北塔报恩寺を観光。9階まで階段で上がるという予想外の運動を課されるも、最上階からの眺めは非常によく、中々楽しかった。その後タクシーで山塘街へ移動、街並みを楽しみながらカフェで飲み物を飲みながら小休止。再びタクシーで駅まで戻り、高鉄の切符を買うも、既に座席は売り切れ。立ち乗りで上海まで戻ることに。

■上海着が6時過ぎ、そこから宿舎に戻って屋台で夕飯を買い、相互学習相手へ質問の返信をして現在に至る。うむ、有意義な週末であった。
posted by mizu at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374901991

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。