2013年09月05日

分班考试

■夜半から朝にかけてお腹の調子が悪くて何度かトイレのために起きる。どうやら昼食の辛い麺が良くなかったようだ…。一応七時に起床して朝食を摂るも、よく眠れていないことも考慮して昼前まで寝る。組分けテストが13時半からなので遅刻しないように11時に再度起床。まだお腹の調子は良くない。

□朝食はパンとリンゴに水。昼食はお腹の調子が良くないと言いつつ、本日特価の看板に釣られてチキンカツカレー(意訳)。12元也。お弁当屋さんでご飯を買うと、出来立てを渡されるので揚げ物も熱いままで食べられる。まぁホカ弁と同じなのだが、値段と量は現地の物価に準じて補正されているわけで、物足りないと感じることはない。

■さて分班考试の口试であるが、まず担当の先生から「簡単に自己紹介をしてください」と言われたので、子供が二人いる、すごく可愛い、今ちょっと寂しい等、簡単な単語と文法で自己紹介をした後、「じゃあこの文章(教科書を示される)を読んで」と言われたので読み上げる。正しいピンインで読めなかった単語はいくらかあったが、そんなに難しくないなーと思っていると、「おー、いいね。これ4級のテキストだけど簡単だったでしょ?5級でいいよね、難しかったら申請すれば降格できるし」と言われて受講するのは5級に決定。筆記の結果に比べて二階級特進は死亡フラグとしか思えないが、まぁ、その、なんだ…頑張るか。

□夜は上海にある子会社へ出向している方達と顔合わせを兼ねて飲み会。間違いなくお高いお店であったわけだが、日本の居酒屋と同等の刺身などなどが出てきてちょっと感動する。ただ茶碗蒸しには豚の角煮的なものがスープとともにかかっていて、コレジャナイ感を醸し出す仕上がりであった。しかし、何というか、この数日間の生活で「自分」から削ぎ落とされていたものの中に、「社会人としての自分」が含まれていたのだなぁという感覚があって、そのあたりはどう処理したらいいのか少し困っている。生きることに専念すると、見栄や外聞は放棄して必要なものを取るということになるのだが、この数日の何も分からない環境の中で生活するということは、今まで自分が抱えていた「余計なもの」を抱える余地がなくなっていく状況であったと思う。それはそれで自分が純化されていくようで、ある意味では気持ちいいのだが、果たして社会人として組織に所属しなおす時にどんな結果を生じるのことになるのかは…今は考えないでおこう。

■一次会終了後、同期の海外研修生と前期の海外研修生とで二次会へ。二時間ほどでお開きとなったが、最寄駅への地下鉄はおそらくもうないであろうということで、同期一名と乗り合わせでタクシーに乗る。結局40分、67元ほどで宿舎まで到達。乗っていた時間を考慮すれば、日本に比べてかなり安い。ただ目的地を知っているタクシーを捕まえるまでに、二台キャンセルしているので、今後自分で捕まえるときにはまず知っているのかどうかの確認が必要と理解した。

□明日はまた予定がない。んー、南京路を冷やかして豫园を見学する…か?そもそもそんなに上海の地理を知らないのであった。
posted by mizu at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。